SSブログ

恨 早川書房 [complaint]

出版業界が大変なのは知っております。でもでもでも。

たとえば映画化もされた「デューン」シリーズ、
第1部の『砂の惑星』(全4巻)、第2部(というか第1部とその次のつなぎ)『砂漠の救世主』(全1巻)、第3部『砂丘の子供達』(全3巻)までしかなくなっている。第4部『砂漠の神皇帝』、第5部『砂漠の異端者』、第6部『砂丘の大聖堂』が無くなっている。ここまで出版されていたことは記憶にある。そしてうかつなことに自分は第4部までしか読んでいないし、「いつか買おう」と思って買わずにいたら、廃刊になっていた。

さらにアイルランドの書店では「デューン」シリーズの続刊が山積みにされている。フランク・ハーバート著、ではないが、SFの名作(大作?)が、違う作者(あるいは共著という形)によって書き続けられることは時々ある。それがいいか悪いかはともかく。一度出版したのなら、できるだけ長く、作り続けて欲しい、それが言いたいのだ。しかもシリーズの途中まではいまだに売っている、という姿勢が分からない。ここまで読んで続きが読みたい人間には、原書で読めと?

もう一つ。
これはファンタジー。「フィオナバール・タペストリー」シリーズ。
第1部『夏の樹』(全2巻)。これ自体、すでに早川では扱っていない模様。まあ、これはおそらくこの第1部自身があまり売れなかったのだろうな、とは想像付くので、「デューン」よりは罪が軽いのかもしれないが、これは第1部といっても完結しておらず、主人公達の仲間の一人の女性を、助けに行くぞ、と出発した、というところで終わってしまっている。つまり、話の端緒が開いたばかり。ここでこれ以上辞められてしまうと。
これも続編が続々と。第2部『Wandering Fire』 、第3部『The Darkest Road』と。珍しい、ウェールズネタのファンタジーなのに。これも、第1部で気に入ったものは原書で読めと?

ちなみに、これもファンタジーだが、「氷と炎の歌」シリーズ。なぜかこれは文庫ではなく単行本、という冒険をしているのだが、ちゃんとシリーズを責任もって翻訳してくれるのだろうか?
第1部の原書が出版されたのが1996年、翻訳は2002年。第2部は1998年出版で、翻訳が2004年。第3部の第1冊目は2000年。だと今年中に翻訳がでてもおかしくないな。第2冊目は2001年。そして今年の秋に第4部が出版されたが、そこまで持つのか、出版社。心配だ。しかもこれも第何部、とは言っているが、話はとぎれてなくて、いいところで「つづく」、となるシリーズもの。

文庫で普通では手に入らなくなった佐藤史生の短編集を出版してくれる、すばらしい出版社でもあるのだが、シリーズものを途中で切ったり、一度全部出したのにあっという間に売るのを辞めたり、中途半端なことをしないでくれるとうれしい。普通の小説(SFとファンタジーだけど)すら、学術書のように「一期一会」で、今買わないともう会えない、という状況になったら、どれだけお金があったも足りない。

一部で(特に出版社と著者)問題となっている新古書店が、栄えてしまう原因もこう言うところにあるのかも。出版不況は分かるが、「不況だから」を印籠のように出されても、購買者には通じないよ。出版業界全体の問題として、何とかしてくれ。いわゆる「再販制度」とかさ。消費者にとっては不利なだけで、なんのありがたみもないものを維持し続けて、「不況ですから」と言われても。


nice!(1)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 1

コメント 10

suzukin

なるほど。お怒りごもっとも。

絶版になった絵本を再販するプロジェクトがあったりするけど、
途中で翻訳されなくなった本の続きを出すのも必要だね。

訳したい人に訳してもらって、とりあえずネットで読めるようにして、人気が出たら本にする。
ど?
by suzukin (2006-02-10 20:08) 

kimuko

お、それいい考え。誰かやってー。そういえば我々のお茶会メンバーに、版権関係の会社にいる人がいたわね。
そう、洋書の場合問題になるのは版権だったりする。たとえば院生で個人的に研究会をして、ある本を読んだとする。で、その本の翻訳がまだ出てないなら、やってやろうか、とも思ったりするんだけど、だいたいそういう本はすでに版権は押さえられてたりするのよね。で、早く翻訳出してよー、と思いつつ、20年とか普通に経ってしまう、っていうことが良くある。そこが問題だ。
by kimuko (2006-02-11 00:34) 

suzukin

メンバーには出版関係者、翻訳者もいるじゃん!すごい。

翻訳はそのときの時代背景が言葉に表れてたりするので、
タイムリーにやったほうがいいと思うんだけどね。

いま椿姫を原語で読んでて(つらい)の感想。
by suzukin (2006-02-13 13:38) 

kimuko

あれ? 翻訳者やってるのって誰?
小説だと、時代背景はどうなんだろう? しかもファンタジーとSFだし。中味はともかく「ファンタジー」というカテゴリーは、今が旬(もう遅い?)という気はするんだけどなぁ。

椿姫って原語ってフランス語? 偉いよ、仕事して子育てして・・・。
by kimuko (2006-02-13 18:16) 

春分

第6部『砂丘の大聖堂』・・・買ってない。
佐藤史生の短編集?何を指しておられるのか。
他はわかりませんでした。
by 春分 (2006-02-15 22:22) 

kimuko

春分さん、私は『砂丘の大聖堂』を本屋で見た記憶だけはあるのです。高校生だったものであまりお金もなく、買ってなかったことが非常に残念です・・・。今だったら即行買いでした。本って一期一会なんですねぇ。
佐藤史生の短編集はこれです。

> 天界の城 ハヤカワ文庫 JA (664)
佐藤 史生 (著) 文庫 (2001/05) 早川書房

超寡作の漫画家なんですよねぇ。そしてあまり人気がないらしく、あっという間に絶版・・・。
by kimuko (2006-02-15 23:59) 

春分

この本は多分持ってますね。というか、佐藤史生は殆ど初版で持っていて。
そうすると俗物根性が出てしまって、希少価値をうれしく思う気持ちにもなります。割と、私はこのあたりがダメ人間です。
by 春分 (2006-02-16 08:23) 

kimuko

初版で持ってるって、うらやましいです。私が連載時に佐藤史生を始めて認識したのが「Moon Child」(でしたっけ? 月の歌姫が主人公のクローンを育ててる話)で、この時はやっぱり貧乏学生だったので単行本は買えずじまいだったんですよ。
by kimuko (2006-02-16 19:08) 

Sumichan

はじめまして。
「フィオナバール」でまさかヒットがでるなんて思いませんでした。随分昔の本だし、人気なかったみたいだし…。でもでも、これから冒険が始まるよーってところでプッツンされた身には、なんとも残酷で。いつも心のどこかでひっかかっていました。お仲間がいたなんてうれしいな。創元にもひとつあるのよね。題名忘れちゃったけど。最終巻がないの。「フィオナバール」と同じ頃出たような気がするんだけれど。それともでたのかな。絶版になってるけど。今度調べておくから、誰かご存知の方がいたら教えて下さいな。
ところで私、佐藤史生のファンでもあります。早川のは買わなかったけれど、あとはたいてい持ってるつもり。多分全部初版ね。私が好きなのは「七生子シリーズ」。「グレープフルーツ」に連載してたの。「グレープフルーツ」も創刊号から最終巻まであるの。私の宝物。あの雑誌はなかなか質が高かった。岡野玲子との出会いもGFだったし。
最近は老眼で早川を読むのが辛くなってきました。持続力もなくなって細切れで少しずつ呼んでます。だから本がたまる一方さ。だってその時に買っておかないと本屋さんからあっという間にいなくなってしまうんだもの。
by Sumichan (2007-06-04 15:01) 

kimuko

今更返事を書いても遅いかな・・・? こちらのブログはもう全然見てないので今日になってコメントに気が付いた・・・。
新しい方のブログでは書いたんですが、フィオナバール・タペストリーシリーズは一応全巻読みました。なんかちょっと後味悪い終わり方というか、大団円には完全にならなかったというか。やけに悲劇性が加味されて(一巻ではそんな感じはしたけれど、それほど含まれてなかった)、臭すぎるというか、一応現在とリンクしてるはずなのにそのあたりの整合性がちょっと、というか。
佐藤史生については、羨ましい限りです。日本だとSFや、SF色の濃いファンタジー(この二つって結局境を設けるのは難しいんですが)って、今はそうでもないかも知れないけれど、一時暗黒時代であったわけで、そのまま半券だけ残って消えちゃってる、というのが多いんですね。この作者の場合は今復刊させても、おそらく若い人たちには絵が問題であんまり受けないだろうし。あの画だからこそいいんですけどね。
と、遅くなって書いてしまったけど多分読んでもらえないんだろうな。でも一応けじめとして。
by kimuko (2007-08-12 18:23) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。