SSブログ

UCDの大学院でお勉強 [study in Dublin]

UCDのことしか分からないので、それについてちらほらと。さらに言うならば、自分が所属しているところしか分からないので、はっきり言えば歴史研究科についてのことのみ。

話によると、アイルランドの大学に外国人が入学するのは非常に困難だそうだ。実際に、そのために改めてsecondary school(アイルランドだと中学と高校を合わせた感じ)に入ってから、ということをしている学生さんがいる。

それに対して大学院入学は、非常に敷居が低い。ある程度英語が出来て、お金さえ払えば入れそうな勢いである。私の場合も似たようなもの。英語力の基準はTOEFLのコンピュータベーステストで250点、かつてのペーパーのテストであれば600点と言われたが、私は250点に達せず。それでも入れた。

歴史研究科には簡単に言うと3種類の学生がいる。一つは1年間の修士課程で、卒業するともらえるのがMA(Master of Arts)。ということは、文系は共通して上記のシステムである、と考えていいのかもしれない。2つめは2年間の修士課程で、もらえるのはMLitt(Master of Letters)。最後は博士課程で、もちろんもらえるのはphD。

この二つの修士の違いは、研究期間の違いだけでなく、その研究過程が違う。MAの生徒は授業に出て、テストなりレポートなりを決められたように提出し、最後に15000語の論文を提出するもの。

MLittの方は基本的に授業に出る必要はなく、自分でこつこつ研究を続け、時には指導教官に会い、最終的に60000語の論文を提出する。課程修士と論文修士? の様な違いがある。途中でphDに変更することも可能。私が所属しているのはこちら。授業に出なくていいが、せっかく高いお金払って、しかも自分の研究プロパーの授業があるのだから参加しているが、提出物一切ださなくていいので、だんだんいい加減になりつつある。

phDの研究期間は3年で、これも授業に出ない。論文は確か100000語。日本と違い、雑誌に投稿する前に、まず博論を完成させる、という方向のようだ。日本では審査付きの、ある程度メジャー雑誌に少なくとも1本は掲載されなければ博論を書かせてもらえないのとは大違い。

私は本来、MAに留学するつもりであったが、「海外留学するなら最低2年」と勝手に決めていたので、その旨を相談したところ、まだ会ったこともない指導教官に、「あなたなら出来ると思うので、MLittに」と決めつけられて、いい気になって入学させてもらった。それで良かった。そんなにしょっちゅうレポートなど出していられないことが分かったからだ。ともかく論文を読む速度が遅いので。

ちなみに私の指導教官は、私がいろんな人に指導教官は誰かと聞かれて答えると、みんながみんな「フフ」と微笑んで、「彼はいい人だよ、良い先生についたね」と言われる人である。確かにいい人だが、なぜみんなが「フフ」と笑うのか、何となく分かった。本当にいい人なんだな。ちなみに、珍しいことに彼は博士号を持っていない。

友人で同時期にフランスに留学を始めた友人は、クリスマス中にレポートをフランス語で1本まとめていて、衝撃を受けたし、良い刺激を受けた。外国での研究、日本にはいなかった自分の研究と近い研究をしている教官達、それだけでも留学する価値はあったと思う、って、まだ始まったばかりだが。

留学して4ヶ月ほどの概観。

すでに梅のような花が咲いている、季節感のまったく感じられないキャンパス内。


nice!(0)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問・資格(旧テーマ)

nice! 0

コメント 14

知子

今、来年からの勉強のアプライをMAかMLittかで悩みに悩んでんでいるところなんですよ~。もう一日中考えてます。ちょっとMAに傾きかけたところでこのブログ読んでいてまたMLittに…ふらふらしてます~はぁ~ 英文読むの遅いしなぁ。。。 
by 知子 (2006-01-12 21:45) 

kimuko

この先どうするかにも依りますよね。私はこの先就職は無理だし(笑)。
でも就職するのならば1年で終わらせても良いかもしれない。
もう引き返せない状態にまでいってますから、私は(苦笑)。
まあ、難しい問題ですよね。
by kimuko (2006-01-12 23:55) 

りえ

初めてメールします。
私は英文学専攻なのですが、UCDの英文学専攻のMAにしようかMLittにしようか迷っています。日本の指導教官はMLittにすれば?と言っていますが、周りの先輩方はMAばかり…。
合格基準は同じですか?MLittの方が入学にきわめて難しいと言うのではない限り、せっかくなので2年間で大作の論文を書くMLittにしようかなと思いました。
お返事よろしくお願いいたします。
by りえ (2006-02-15 15:55) 

kimuko

りえさん、お返事遅れてごめんなさい。ここのところずーっとソネットブログの調子が悪く、コメントのチェックしづらい状態なのです。
研究科が違うのではっきりしたことは言えませんが、まず、「合格」基準というものはない、と考えていいのではないでしょうか。そのあたりは申し訳ないですがご自分でチェックしてください。ただ、歴史学の場合はテストも何もなく、必要書類を提出しただけ、でした。同じ状況であれば、そしてせっかく留学するなら2年で、とお考えだったら、そちらにした方が断然良いと思います。15000字の論文では、たいしたことは表現できない長さだと思います(かといって60000字の方がいい! というわけでもなく・・・。長いですよね、しかも外国語・・・。)
1年間は非常に短いです。しかもMAだとレポートにおわれますし、もしもりえさんが日本ですでに院に進んでいらっしゃるのなら、あまりに基本的なことばかりの授業で、もったいないと思います。
あまり参考にならないかもしれませんが。あとは、UCDの担当してもらいたい先生に相談してみるといいと思います。私もそうしました。
by kimuko (2006-02-20 05:54) 

りえ

kimukoさん
早速のお返事ありがとうございました。
明日、UCDにapplicationを提出します。
(予め、あちらの先生やスタッフに連絡を入れてきたので大丈夫だと思います)
いろいろ迷っている時にkimukoさんのブログに出会えてよかったです。
本当に感謝です☆
kimukoさんは現役のUCDの学生さんですか?
そちらの様子を楽しみにしています。
これからもよろしくお願いいたします!!
by りえ (2006-02-21 20:15) 

kimuko

結局MLittになさったのでしょうか?
アプリケーション出しても、返事がなかなか来ないかもしれませんが、あんまり焦らず待ってください。まさにこれこそがアイリッシュ・ウェイ! みたいな感じです。何事も遅い、遅い。
現役、というか、そうですね、来年も通っています。お会いできたらいいですね。これからまだいろいろ大変でしょうが、がんばってください。
by kimuko (2006-02-21 20:53) 

りえ

kimukoさん
すごーく早いお返事をありがとうございました。
アイルランドの大学院を受ける時、TrinityとUCDでとても悩みました。
元来、アイルランド文学を研究しているので、とにかく「アイルランドに行ってみたい!!」という気持ちがありました。
(専門によって評価は違うのでしょうが)ダブリンの大学として2校の評判はいかがなのでしょうか?
どちらにも良い先生が集まっているので、個人的には大差がないと思うのですが…。
by りえ (2006-02-21 21:19) 

kimuko

トリニティとUCDですかー。難しいですね。どっちの先生の方がいい、になるんじゃないでしょうか、大学院になると。私がUCDに来たのは、トリニティには初期中世アイルランド史の先生がいないからなんです。それだけなんですよね、結局。なので(というわけでもないんですが)両校の評判とかもよく分からないのです。ごめんなさい。でも、今政府からガンガン金もらっていろいろがんばってるのはUCDだと思います。トリニティはちょっと特殊な大学だし。街のど真ん中にあって、観光客も来るキャンパス内で勉強、ってどうなんだろう、と思います。確か図書館も閉架が多かった気が。使いにくくて大変だろうな、と思いました。
両方に先生がいるなら、あとは金額の問題とか。場合によってはどちらかに通って、もう一方の授業にもぐる、という手もあるかもしれませんね。
by kimuko (2006-02-21 22:36) 

りえ

今日、UCDに書類を送ろうと思ったら、意外なアクシデントが!!
審査料20ユーロをchequeで送るのですが、
日本の都市銀で小切手を発行したら、めちゃくちゃ手数料が高くてびっくり。
それも、約3000円の小額小切手をアイルランドで換金するにしても手数料が高すぎで不渡りになるかも、とのこと。
なんだか、とてもリスキー。
一応、admission officeに問い合わせてみますが、kimukoさんはどのように対処しましたか??
by りえ (2006-02-22 15:13) 

kimuko

審査料ですか? 私はそんなものを要求されませんでしたよ! 研究科が違うと諸々違うのかもしれませんね。私は違う理由で(寮関係の手続きで)チェックが必要でしたが、「個人のお客様にチェックは作っておりません(要は『小切手』は法人用だ)」と某東京三○銀行で冷たくあしらわれて一瞬途方に暮れた覚えはありましたが。新生銀行で作ってくれましたが、手数料どれぐらいだったかなー。
オフィスに問い合わせるのが一番でしょうね。大急ぎであれば、メール(最近はメールでも問題ないかな?)とファックス攻撃を掛けた方が無難です。私は一時メールをほぼすべて無視されたことがあります・・・。アイリッシュ・ウェイです・・・。何も問題なく解決すると良いですね。
by kimuko (2006-02-22 19:27) 

りえ

こんにちは。
無事にchequeの手続きをし、来週早々には正式にapplicationを提出できそうです。
色々、教えていただいてとても助かりました。
ありがとうございました。
ところで、先日のメールにあったIrish Way。
UCDのスタッフはとても親切だけどメールのレスが少し遅い感じ。
この調子で行くと、きっと合否報告ものんびりなのでしょうね。
どのくらいで分かるのでしょうか?

ところで、東京はラッパ水仙の芽が出てきました。
そちらは暖かいですか?
今度はダブリンの様子をレポートお待ちしています☆
by りえ (2006-02-23 20:52) 

kimuko

無事にいってよかったですね。アプリケーション、私はこれが結構大変でした。諸々の書類をいろんなところに作りに行ったり、取りに行ったり、何通ずつかにコピーしたり・・・。がんばってください。
合否判定ですが、たった1年前なのに、実は全然覚えてないです。ごめんなさい。私の場合、お願いした指導教官自身が合否の決定者の一人だったので、個人的に受け入れる、とアプリケーション出す前からお答えいただいていたので、あんまり気にしてなかったのですね。アプリケーションに必要だった研究計画書も先にメールしておいたりしたし。全然お役に立てなくで申し訳ないです。でもそれほど遅かった記憶はないですし、よっぽどのことがない限り、「否」ということはないと思います。イヤな言い方をすれば、お金を出してくれるお客様は拒まず、といったところでしょうか。

こちらはまだまだ寒いです。4月になるまでは気が抜けないようです。寒いといっても最高気温が10度行くか行かないか、という程度ですが、ここ数日は結構寒いです。雨も多くなってきましたし。やっとアイルランドの冬らしく・・・(笑)。

ダブリンの様子ですか。あんまり期待しないでくださいませ。何せ出不精ですし、そういうブログは結構多く、こちらが参考にさせてもらってるようなもので。
by kimuko (2006-02-23 23:23) 

りえ

ご無沙汰しております。
東京は、曇りや雨が多くまだまだ寒い日が続いています。
ダブリンはいかがですか?

今日、やっとchequeが出来上がったので早速UCDにapplicationを郵送しました。なんだか、とても長い道のりだったように思います。
何度もアドバイスをいただきありがとうございました。
これからもお世話になると思いますが、どうぞよろしくお願いいたします!

ところで、2,3週間前にUCDの先生に手紙を出していたのですが(先生はメルアドを公開してないようです)、なんとお返事が来ました!!
ぜひ、admissionに書類を出して、ということ。
希望の指導教授とコンタクトが取れてとても嬉しいです。

kimukoさんも先生と予めやり取りはされていたのですよね?
良い結果であることを心から願っています。
by りえ (2006-02-27 15:17) 

kimuko

ダブリンはこのところ、本格的にアイリッシュな天気になってきました。風が強くて雨が降ったり止んだりして、太陽がほとんど出てきません。まだ1ヶ月はこのままなんでしょうね。
UCDの先生と連絡採れてよかったですね。でも、先生達たぶんみんなにメールアドレス大学側から割り振られてると思うんですよね。学生にも割り振られるぐらいだから。そうすると、先生はアドレスはあるけど見ない、ということなのかもしれませんね。ここのアドレスの仕組みは簡単で、先生ならフルネーム(名前と名字の区切りはピリオドで)@ucd.ieっていうだけです。
ともかく、早くよい結果が分かると良いですね。

ところで、このところがんばってアイルランドの話題を引っ越した方のブログでも書いているので、ヒマがあったら見てください。
by kimuko (2006-02-27 20:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

パリで食い倒れ進行状況 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。